FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新潟のビアンに出会いの場を!その5
 「簡単だよ、ユキが、自分でレズビアンバーを始めれば良いんだって」

 「そうすれば、選り取りみどりだろ?入れ食いじゃね?」

 入れ食いって…

 ユキは、その言葉に酷く嫌悪感を感じた。けれど、正直に、メグミ以上の彼女がもし、出来るなら、それも悪くない。そう思ったのも事実だった。

 「そんな簡単に出来るわけないじゃない、ただのOLなんだし…」

 茶を啜ってから、ススムが一気に畳み掛けた。

 「何も本気で店を開く必要なんて無いさ、ネット上でレズビアンバーを開店すれば良い話しだろ?」

 「それに、せっかく、ビアン共通のサイン、標しまであるんだから、使わない手は無いよ」

 それは、ユキには痛いほど分かっていた。たまたま就職した職場に本当に運良く、メグミが入社した、仕事を教えていく中で、一線を越えた。

 リアルなコミュニティの中で、どれくらいのセクシャルマイノリティが居るかはわからない。分かっても、どれほどの人が、果たしてカムアウトしてくるだろうか?

 「良い、聞いて、確かに、自分のセクシャリティに対してのシンボルは、何らかの形で示せると思うの」

 「だけど、ノンケや男の人だって周りに居るじゃない?それはどうしたら良いの?」


 「だから、ネットで、レズビアンバーやれって事さ」

 ススムは、事も無げに言った。

 「別に、本気で、酒と肴を出せと言ってるわけじゃないよ。ネットなんだからさ、情報を売れば良いんじゃない?」

 「どうやって?売るの、何を売るの?」


 「良いか、良く聞いて!」

 ススムは、ユキに顔を近づけた。メグミの時とは違う、ドキっとした感覚が一瞬あったが…

 「やり方としてはこうだ…」


 ススムの話は、とてもよく出来ていた。なぜなら、ススム自身が、セクマイであり、自分自身が、ネットを使って、同じようなやり方で、彼を作っていたからだった。

 その驚くべき方法とは?

 続く…

マイノリティコミュ入り口
マイノリティコミュ入り口

テーマ : 同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル
ジャンル : アダルト

tag : 出会い系サイト パートナー ハッテン 出会い 新潟 レズビアン ビアン ノンケ バイ タチ

Secret
(非公開コメント受付中)

ビアンなSNS(400円)
プロフィール

komachi

Author:komachi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。